アメリカ人も使っているゼニカルと痩せる簡単レシピ

ゼニカルは世界中で肥満治療薬として使われています。FDA(アメリカ食品医薬品局)でも認可された薬で、脳の中枢神経に働きかけずにダイエットができるということで、安全性が高いと言われています。
アメリカ人は日本人よりも肥満体型の人が多いと言われていますが、それは食生活の問題が大きいです。最近ではだいぶ甘い炭酸飲料などのジュース類が規制されるようになりましたが、以前までは学校でも好きな量飲めるようになっていました。アメリカ人は日本人よりも体が大きくて大量にものを食べることができてしまうため、100kg以上の体重もさほど珍しいケースではありません。
アメリカ人の肥満治療で、ゼニカルの使用が有効な理由は、脂質の摂取量が多いからです。糖質の摂取量が多いという問題もありますが、とりあえず脂質はゼニカルでカットすることが出来ます。
アメリカ人向けに考案されたダイエット方法では、炭水化物抜きダイエットがあります。これはもともとBMI35以上の高度肥満の人向けにアメリカで開発されたダイエット法で、糖新生が行われるようになるまで炭水化物を一切抜くのが特徴です。
糖新生とは、脂肪細胞に貯蔵されていたブドウ糖がエネルギーとして使えるようになる状態です。脂肪細胞からブドウ糖が減っていくので、脂肪細胞がしぼんで痩せることが出来ます。
炭水化物抜きダイエットの簡単レシピでは、肉、魚、卵、チーズ、野菜(葉物)、を中心にしてメニューを組み立てていきます。簡単レシピとしては、ゆで卵のサラダ、魚のチーズのせ焼き、などが良いです。簡単レシピをいくつか覚えておけば、炭水化物抜きダイエット中でもストレスなく食事をすることが可能です。